本文へスキップ
森林組合について事業内容販売・購買事業イベント紹介森林のおはなしリンクお問い合わせ
TOP > たかはら森林組合 > 森林組合について
森林組合について
私たちの豊かな暮らしは、森林によって支えられています。


森林の駅 もみじ谷大吊橋

森林組合の概要

森林組合の概要たかはら森林組合は、平成9年4月1日に、矢板市、塩谷町、塩原町、喜連川町の四組合が合併し、新たに氏家町、高根沢町を活動区域に加え発足しました。
たかはら林業地は、戦後の植林地が多い後発の林業地ではありますが、関東平野の北側に位置し地形がなだらかで、材木消費地の首都圏に近いこともあり大型の製材工場も多く、林業を営むには恵まれた環境にあります。
このような地の利を生かし搬出間伐を中心に森林整備を進め素材生産に努めています。
また、平成11年4月には地域の自然環境を生かし、組合員の生産する林産物の販売施設とレストラン、 森林の駅を那須塩原市の塩原地区にオープンし多角経営による経営基盤の充実と林産物の需要拡大、普及啓蒙活動を実施しています。

商号 たかはら森林組合
所在地 〒329-2152 栃木県矢板市館ノ川777番地1たかはら森林組合 アクセスマップ
TEL 0287-43-0451
FAX 0287-43-4323
設立 平成 9年 4月 1日
役員・職員及び
技能職員数
役員 18名
職員 19名
技能職員 44名
臨時職員  8名
備 考 (役員) 理事 15名、監事 3名
(職員) 男 14名、女 5名

■ 最新情報

平成26年3月25日に実践体制基礎評価の認定を受け、平成26年3月31日に新たに5名の森林施業プランナーが誕生しました。
森林施業プランナーの数は今までの1名と合わせて6名となりました。
ページトップへ